みんなが好きなうなぎ、土用の丑は通販で購入してみよう

夏の風物詩といえば、うなぎですよね!多くの商品がスーパーなどでも購入できるなか、今ではうなぎを通販で購入することが人気です。父の日や敬老の日、もちろん土用の丑でうなぎを通販で購入し、ギフトとして贈る方も増えてきました。
まるで父の日はうなぎの日となるかのように、多くの会社が通販で父の日にうなぎをプレゼントすることを勧めています。

そのような中で、うなぎ通販でおすすめの商品をご紹介します。

贈り物に最適なうなぎ通販会社”うなぎのたなか”

ここの会社はうなぎをギフトで贈ることに力を入れており、送料や税込表記などしっかりとした会社です。プレゼントには風呂敷でうなぎを包むオプションもあり、少々お値段は高めですが人気のある会社です。

うなぎを通販で購入する際の注意点

うなぎを通販で購入する際に気をつけなければならない点はいくつかあります。

・送料について
うなぎの通販会社では、送料は別で発生する会社が多く存在します。必ず購入する際はこのような点に気をつけましょう。

・ギフト対応可能か
自宅でうなぎを食べる場合は、あまり気にしなくても良いですが、やはりうなぎをギフトとして贈る場合は、パッケージにもこだわりたいですよね。そのような時、のしをつけることが対応可能かどうかなど注意してサイトを見る必要があります。

・国産かどうか?
うなぎは日本産以外にも海外産など多く出回っています。日本産(アンギラ・ジャポニカ種)はやはり、日本で養殖され管理されているため衛生面など安全性が高いといえます。うなぎの通販で使用されている中国産のうなぎの薬品問題もありました。このような点から、うなぎの蒲焼を通販で購入する際は原産地も重要となってきます。

・包装形態
うなぎを通販で購入した際に、包装はどのような状態になっているかも重要です。ただ焼かれた状態を冷蔵でおくってくる会社もありますが、ギフトで贈る場合は賞味期限などの問題も発生してきます。そのため、真空パックで冷凍発送されている商品がおすすめです。

・タイムセールにおける注意点
うなぎをタイムセール品で購入する際は、いつもと同じうなぎかどうかなどを注意深くサイトをみて判断する必要があります。粗悪品とまではいいませんが、いつも購入しているうなぎの蒲焼きと違って、小さなうなぎを安く流通している会社もあります。

このような点から、うなぎを通販で購入する際は国産かどうかや送料、税込表記など細かい点も注意して購入しましょう。

もう一つおすすめの会社をご紹介します。

こちらの会社はうなぎの老舗であり、店舗も行列が出来る店として有名です。そして、嬉しいのが、うなぎファンが愛してやまない「白焼き」のうなぎを売っていることです。うなぎと言えば、蒲焼きとおっしゃる方が多いですが、日本酒とよく合ううなぎの白焼きを是非一度、ご賞味ください。きっと、いつもとちがううなぎの美味しさに気づくとおもいます。

土用の丑はスーパーで購入するだけでなく、通販でうなぎを購入することもおすすすめします。

そもそも土用の丑の日って?

土用の丑の日にはうなぎを食べよう、という習慣が日本人の間では当たり前のように存在しています。普段は意識していなくとも、時期になるとカレンダーやテレビ、あるいはスーパーの店頭などで宣伝されているのを見かけて「じゃあうなぎを食べようかな」と手を伸ばす人も多いのではないでしょうか。
でも、そもそも土用の丑の日がどんな日を指すのかを知っている人は少ないかもしれません。

日本には古来より、五行思想というものが根付いていました。万物は、木・火・土・金・水からなる五つの元素で出来ているのだという思想です。
これらは四季の象徴ともされており、木は春、火は夏、金は秋、水は冬を表していると言われています。そして土は、それぞれの季節の変わり目(季節の終わりの17~19日間)です。この期間を「土旺用事」と言い、それを省略して土用と呼ぶようになりました。

さらに日本の暦では、一日ごとに十二支が割り振られています。子の日、丑の日、寅の日……という具合に。そして土用の内、丑に割り当てられた日を土用の丑の日と呼ぶのです。土用の丑の日というと夏を連想しがちですが、実際は全ての四季に存在していることになります。

土用の丑の話をしていると、本当にうなぎが食べたくなりますね。私はここでうなぎを買っています。
うなぎ通販の達人


平賀源内がうなぎの日を発案した?

ではどうして土用の丑の日は夏のイメージばかり強いのか、そしてうなぎの日と言われているのか。由来は諸説ありますが、かの大発明家・平賀源内を起源とする説が最も有名です。

江戸時代、源内の知り合いであったうなぎ屋が悩みを相談したのが始まりでした。うなぎの旬は冬頃であるため、夏の時期にはなかなか売れず儲けが出ません。それをうなぎ屋が源内に相談したところ、源内は「土用の丑の日、うなぎの日」と書いた張り紙を店の前に出しました。
丑の日に「う」の付くものを食べると病気にかからないという考えは当時から浸透していたので、うなぎ屋のこの張り紙を見て、夏バテを回避しようというお客が殺到しました。

こうして夏でもうなぎが売れるようになり、更にこれを他のうなぎ屋が真似していったのも手伝って、土用の丑の日といえばうなぎの日とする認識が広まったのです。

実際にうなぎはビタミンなど多くの栄養を含んでいますし、現代のようにいつでも栄養豊富な食材を手に入れられるわけではなかった人達にとって、うなぎが持つ夏バテ解消効果はとても重大な意味を持っていたことでしょう。それもまた、この習慣が根付いた要因だったのかもしれません。